ニーサ(NISA).COM

ニーサ(NISA)口座の概要や比較、おすすめ銘柄まで解説!

*

ニーサ(NISA)とは?

ニーサ(NISA)とは?テレビでCMやってたりするけど、ニーサ(NISA)って何?お得なの?知らないと損なの?って人、何気に多いんじゃないでしょうか。

株をやってる人ならもうニーサ(NISA)口座を開設し利用していたりすると思いますが、株をしていない人からすれば何なの?って感じだったりすると思います。

株に興味がない人は関心がないかもしれませんが、ニーサ(NISA)とは、イギリスの個人貯蓄口座(Individual Savings Account)、アイサをモデルにして2014年(平成26年)1月よりスタートした小額投資非課税制度の愛称で、日本(Nippon)のNを加え日本版ISAという意味合いからNISAと呼ばれています。

それで、具体的にニーサ(NISA)とは?どのような制度なのか、ということですが、簡単に言うと、株取り引きでの売却益(譲渡益)や配当金(分配金)にかかる税金を非課税に出来る制度って感じですかね。

株をやっていない人でも、テレビでどこどこの株価が上がった、下がったなどを聞いたりしたことがあると思いますが、買った株が買ったときより上がり、利益を確定するとき、本来だと得る利益に対し課税されます。

特定口座・一般口座の場合

税率20.315%(所得税および復興特別所得税15.315%+住民税5%)の課税。

ニーサ(NISA)口座の場合

毎年100万円を上限とする新規購入分(非課税投資枠)を対象に、
その配当金(分配金)や売却益(譲渡益)にかかる税金を最長5年間、非課税。

※2016年から非課税投資額は100万円から120万円に増額されました。


例えば、投資金額100万円で買った株が値上がりし、倍の200万円で売却した場合、本来ならば売却して得た利益100万円に対し、100万円×0.20315で20万3150円もの税金がかかる事となりますが、ニーサ(NISA)口座なら、非課税となり1円も支払わなくて良くなります。

つまり、非課税投資枠で購入した株式銘柄(証券取引所に上場している株式の企業)の株価が、購入してから5年間の間に、上がれば上がるほど、節税額が増し得を出来る制度です。

なんだ、たったそれだけのことかって思う人もいるかもしれませんが、100万円で買った株が5年間の間に500万、600万、700万と値上がりしたらと考えると、ニーサ(NISA)口座を上手く活用できればより多くの利益を得れることが分かるのではないでしょうか。

株をやってると、せっかくこんなに株価が上がったのに、税金でこんなに持っていかれるのか…ってことがあると思いますが、ニーサ(NISA)口座ならどんなに上がろうと非課税!

非課税最高!ニーサ(NISA)最高だぜ!ってことです。

ちなみに、日本国内に住んでいる20歳以上(口座開設年の1月1日時点で満20歳以上)の方が対象で、ニーサ(NISA)口座は、全ての金融機関の中で1人1口座のみとなります。

なので、SBI証券や野村證券や楽天証券など、証券会社各社でニーサ(NISA)口座を開設することは出来ません。

あと、上場株式、公募株式投資信託や、ETF、REIT等が対象で、国債、社債、公社債投資信託などは対象とはなりません。

証券会社により取り扱っている金融商品に違いがあったりするので、口座開設時は投資信託への投資が可能かどうかなど、前もって確認するようにしましょう。

また、非課税投資枠は毎年決まってますが、使わなかった分を翌年以降に繰り越すなどは出来ません。

非課税枠は2016年から100万円から120万円へと増額される見込みとなっているので、覚えておくようにしましょう。(※2016年から非課税投資額は100万円から120万円に増額されました。

ニーサ(NISA)口座開設が可能な期間は平成26年(2014年)から平成35年(2023年)までの10年となっており、平成35年(2023年)に投資した分の非課税期間は平成39年(2027年)までとなります。

つまり、ニーサ(NISA)とは何かを知るのが遅ければ遅いほど、せっかくの非課税投資枠を使い損ねてしまっているってことになります。

勿体ないですねー。

毎年の非課税枠100万円(※2016年から120万)の非課税期間は最長5年間となってますが、非課税期間が終了となったら下記の選択が出来ます。

・売却
・特定口座や一般口座へ移管
・翌年の非課税枠へ移管(平成34年分まで)

キャピタルゲイン(売買益)を狙うか、それともインカムゲイン (配当益)を狙うかで投資スタイルは異なってくるかと思いますが、ニーサ(NISA)制度は資産を一度売却したら、その分の非課税枠を再利用することが出来ないので、短期急騰となればハイリターンを期待出来そうなキャピタルゲイン(売買益)狙うか、前もってある程度の予想がつきそうなインカムゲイン (配当益)を狙うか迷うところですね。

インカムゲイン (配当益)を狙うならば、上場廃止にならなそうなのは勿論、配当利回りが高い銘柄を選ぶようにしたいですね。

株価が長期的に凄く上がって、しかも高配当でと、キャピタルゲイン(売買益)もインカムゲイン (配当益)も、どちらも狙えれば最高かとは思いますが、ニーサ(NISA)口座をどう利用するか、あとあと後悔のないように、せっかくの非課税枠を無駄にしないように、なるべく利益率が高く、なるべく勝率が高そうな投資先を考えるようにしましょう。

“問題はニーサ(NISA)口座を利用しどの銘柄を購入するか”です。

せっかく非課税に出来るのに購入した株が下がってしまっては元も子もありません。

ニーサ(NISA)口座を活用する上で何より大切なことだと思いますが、
投資先、購入する株式銘柄を選ぶ際は、
まず投資のプロが注目する銘柄を見てみるようにしましょう!

ニーサ(NISA)を利用する銘柄選びにおすすめのサイト

サイト名 ファーストリッチ
サイト登録 無料
登録方法 メールアドレスのみ

ファーストリッチはその時々の相場に応じた旬なテーマ株を的確に教えてくれる投資顧問会社だと思うので、キャピタルゲイン(売買益)で利益を出したいと思われいる方は、投資のプロがいまどういう銘柄に注目しているのか、まず見てみるようにしましょう!

ニーサ(NISA)でどの銘柄を買うか!?
>>今注目の「急騰期待3銘柄」は!?<<

相場は生き物と言いますが、その時々によって利益を狙える可能性が高い投資先は異なってくるものだと思います。

素人判断で利益率が低い投資先を選んでしまう事のないよう、投資のプロが配信している情報は、しっかり見ておく事をオススメします!

 ページトップへ