ニーサ(NISA).COM

ニーサ(NISA)口座の概要や比較、おすすめ銘柄まで解説!

*

ニーサ(NISA)のメリット・デメリット

■ニーサ(NISA)のメリット

ニーサ(NISA)のメリットは何と言っても価格の上昇による売却益(キャピタルゲイン)や配当・投資信託の収益分配金(インカムゲイン)にかかる税金が非課税となる事、この1点に尽きるかと思います。

最長5年間の非課税期間に売却すれば、いくら値上がりしても税金は掛かりません。

投資金額100万円で買った株が値上がりし、倍の200万円で売却した場合、本来なら売却して得た利益100万円に対し、

100万円×0.20315で20万3150円もの税金が掛かる事となりますが、ニーサ口座なら、非課税となり1円も支払わなくて良くなります。

つまり、非課税投資枠で購入した金融商品が、購入してから5年間の間に、上がれば上がるほど、節税額が増し得を出来るのがニーサ(NISA)の大きなメリットです。

株価2桁のボロ株低位株ニーサ(NISA)口座で購入し、株価10倍以上を狙ってみるのも面白いかもしれませんね。

もし100円で10,000株買った株が5年のうちに1,000円になったとしたら、900万円もの利益を得れる事になります。

本来なら900万×0.20315で182万8350円もの税金を払わないといけなかった訳ですから、毎年の非課税枠が100万までしかないとしても、利用しない手はない制度だと思います。

なので株価を下げそうな業績が悪い銘柄、将来性がなさそうな銘柄、上場廃止になる可能性がありそうな銘柄を避け、ニーサ(NISA)制度のメリットを最大限に生かせそうな、購入時から売却時まで出来るだけ大きな上昇を期待出来そうな銘柄に上手く投資するようにしたいものです。

■ニーサ(NISA)のデメリット

ニーサ(NISA)のデメリットとして覚えておきたいのは、損益通算が出来ないという点です。

通常、特定口座Aで10万円の利益が出て、特定口座Bで10万円の損益が出た場合、確定申告で利益と損失を通算して税金の計算を出来ます。

この場合、「利益10万円」-「損失10万円」=「0」で所得税は発生しません。

しかし、ニーサ口座は対象外の為、特定口座Aで10万円の利益が出て、ニーサ口座で10万円の損益が出た場合、特定口座Aでの利益10万円に対し所得税が発生する事となります。

総合口座ならば損益通算してもマイナスだった場合は、その損失額を最長3年間まで繰り越す事が出来ますが、ニーサは対象外となります。

また、購入した分を売却すると、売却した分の非課税枠が復活する事はありません。

例えば非課税枠でA社の株を100万円分買ったとして、その内の50万円分を売ったとしても、売った50万円分をまた非課税枠で買える訳ではありません。

非課税枠100万円分を投資したら、その年にそこから更に投資して得られた利益に対しては税金が掛かる事となります。

なので銘柄選びに失敗すると、その年の非課税枠が台無しに、なんて事になり得るのもニーサデメリットと考えられるかもしれません。

あと、良さそうな投資先がなかったとしても非課税枠は翌年へ繰り越す事は出来ません。

例えば2014年に50万円だけ投資したとして、残り50万円分は投資しなかったとしても翌年の非課税枠が100万円+50万円で150万円になる事はありません。非課税枠は毎年100万円(※2016年から120万円へと増額される見込み)となります。


ニーサ(NISA)は利益が出たら非課税に出来るのがメリットで、損失が出ても損失にならないのがデメリットって感じですかね。

ニーサ(NISA)口座を利用しどの銘柄を購入するか、
せっかく非課税に出来るのに購入した株が下がってしまっては元も子もないので、投資先、購入する銘柄を選ぶ際は、プロが注目する銘柄を予め見るようにしましょう!

アナリストが厳選する投資すべき株は?
>>コチラ無料でプロが注目する銘柄を知れてお勧めです<<

 ページトップへ