ニーサ(NISA).COM

ニーサ(NISA)口座の概要や比較、おすすめ銘柄まで解説!

*

ニーサ(NISA)の概要

前の項目、ニーサとは?でニーサ(NISA)について色々と書きましたが、具体的な概要(条件・内容)は下記のようになっています。

投資可能期間 平成26年~平成35年(10年間)
制度対象者 非課税口座を開設する年の1月1日において
20歳以上の日本国内居住者
口座開設数 1人につき1口座
非課税対象 ニーサ口座で購入した上場株式や公募株式投資信託などの、
配当所得・譲渡所得
非課税投資枠 毎年、新規投資額で年間100万円が上限、最大500万円
非課税期間 最長5年間、途中売却自由、 期間終了後、100万円以内の額を
新たな非課税枠へ移行(ロールオーバー)による継続保有が可能

ニーサ(NISA)はいつまでもある制度だと思っている人もいるのでは?って気がしますが、ニーサ(NISA)はいつまでもある制度ではなく、平成26年(2014年)から平成35年(2023年)までの10年間と、期間限定の制度となっています。

なので、投資可能期間を知らず、そのうち気が向いたらニーサ(NISA)口座を開設しようかなと思っていたりする人は、気づいた頃にはもう何年もなかったり、もしかしたら期間が終了していたり、なんてこともあるかもしれませんね。

利用しないで過ぎてしまった分は、繰り越したりする事が出来ないので、ニーサ(NISA)口座は早めに作るようにしましょう。

そもそも、ニーサ(NISA)がどうして導入されたか、日本では将来の生活への備えとなる金融資産(株式・投資信託・保険・預貯金)などを全く保有していない世帯、金融資産ゼロ世帯(二人以上世帯)が年々増加しており、平成25年(2013年)時点で31%ほどを占めていました。

ニーサ(NISA)制度はこうした世帯がニーサ(NISA)導入をきっかけに、将来に向けた資産形成に取り組んでもらうことが期待されているようです。

また、日本の家計が保有する金融資産は1600兆円もの額に上るようですが、そのうちの半分以上を預貯金が占めており、ニーサ(NISA)制度が導入されることで、預貯金などから投資への流れが促進され、家計から企業への資金供給が拡大し、企業、日本経済が成長し、家計が潤い、さらなる投資に繋がるという、好循環も期待されているようです。

株価を高く維持し、好景気を演出したいというのもあるかもしれませんが、制度を上手く活用出来れば最後の年の非課税枠5年が終わる平成39年(2027年)までメリットを享受出来るのは間違いありません。

投資はギャンブル?預貯金と比べてリスクが高いんじゃないの?そう思われる方もおられるかもしれませんが、定期預金での利益、年平均0.08%ほどだとあってないようなものですし、株価は変動するリスクがあるとしても、年に5%ほどの利益なら、そこまでのリスクを負わずとも狙えるのではないでしょうか。

もし年間で2倍にもなれば?3倍になれば?100万円が200万円、300万円へとなり、ニーサ(NISA)口座なら税金も掛からず非課税な訳ですから、定期預金が本当にいいのかどうか、ニーサ(NISA)をまだ始めていない人は、制度期間が終わってしまう前に、一度しっかり考えてみた方がいいと思います。

今は上限が毎年100万円までとなってますが、非課税枠は2016年から100万円から120万円へと増額される見込みとなっていて、ニーサ(NISA)口座があるかないかで投資機会は大きく異なってくるかと思います。

政府が好調な株価を維持出来るかどうかという点もあるかと思いますが、相場の流れを見る前に、まずニーサ(NISA)口座は開設だけでもしておくことをお勧めします。

口座を開設したら?
相場の流れを見てみましょう!

そのときどきの相場の流れを見るには?
>>「毎週の相場見通し」を無料閲覧可能!<<

 ページトップへ